最後の日

なんとなく、現実を受け入れられず、うやむやにしていましたが、やっぱり書いておこうっと。
7月27日で江古田での出店は最後になりました。
当日は、たっくさんのお客さんが来てくれました。会いたいと思っていた人、会えないと思ってあきらめていた人などなど、「今日で終わりですよね...」「来なくちゃって思って...」「来れて良かった」って人がホントに多くて。
「工事が終わったら戻ってきてくれますか?」「次は何処にでるんですか?」って声も。
今日はじめて、「いつものやつ。」って注文してくれた人も。
ほとんどしゃべったことない人なんだけど、心憎い演出?でした。ありがとう。
「ナイトバザールで会おうねぇ~」っていう小四の女の子も。うん。会おうね。
友達たくさん連れてきてくれてたお兄さんたちも、最後まで来てくれました。(財布落としちゃったお兄さんたちです。)ありがとう。ってちゃんと言いたかったんだけど、なんかタイミング悪く並んじゃったりしてて...この場を借りてホントにありがとうございました。
わりと、うちで「初めて食べたやつ」を注文する人が多かったです。初心に還るというかんじなのでしょうね。
最初から最後までずっとおんなじのを貫く人もいっぱいいました。一途だねぇ。
「友達が一番美味しい!」って言ってて、私も友達をもっと連れてきたかったんですけど...って言ってたデザイン学校のお姉さんなんかも。
話したこともないし、最後まで何も言わなかったけど、通ってくれてることが全てを表現しているような方もたくさん。
そして最後にはどうしても、食べさせたかった、わたしたちが「ジャムおじさん」と読んでいる男性が来てくれました。アニメ系のお仕事で、いつも帰りが遅いのですが、とても楽しみにしている風なので、私たちもできる限り遅くまで営業していました。23時くらいまでやるときは、もうおじさんに会いたいからと言っても過言ではありません。(今だから言っちゃうけど☆)
はじめは普通の「チョコバナナ」とかだったとおもうんですが、いつのまにか「ジャムとクリームチーズ」の組み合わせにはまって、新作ジャムはいつも試してくれていたんです。2年くらいは来てくれています。
「今日が最後ですね」って、いつものように控えめな感じが、またグッときちゃうんですが....とにかくあえてよかったです。ちょうど目の前で「品切れ」とか、ギリギリ最後の一枚とかが多くて、江古田の「品切れさん」という異名もあります。店じまいしてるときに通りかかって、「お疲れさまです」なんて声をかけてくれたりもけっこうありましたね。控えめで優しいかたなんです。ほんとにありがとうございました。そうして、最後の一日は終わりました。雨が降っていたのが気にならないくらい、会いたい人に会えて感無量でした。
それでも会えずじまいの人が、いるんだなぁ。どこかで会えるといいなぁ。
f0045586_144401.jpg

手製で絵を描いてきてくれたお姉さんも。イラストレーターになれるくらい可愛い絵でした。ありがとう。他にもお仕事先からスーツ姿で駆けつけてくれたパパから「ブーケ」をもらったり、なんだかお別れ会そのものでした。ありがとう。
早くて濃厚な三年半。濃密に足繁く通っていただいた方々、オープン当初からコンスタントに来て頂いてる方、今日が最初で最後になってしまった方、みなさんありがとう。
またいつか、どこかでお会いしましょう。
f0045586_1444327.jpg

[PR]
by cindys | 2009-08-10 14:45 | いろいろなお客さんたち
<< 秋めいてきました 夏休みは... >>