おしまいの日

早く書かなきゃ~と思いつつ、2週間も経ってしまいましたが....
この場を借りて、みんなに感謝の気持ちとご挨拶をしようと思います。


'10 2月26日(金)をもって、Cindy'sの営業が終わりました。
最終日は、ほぼ一日降り続いた雨の中、たくさんのお客さんにご来店いただいて、2人とも感無量。夕方以降は、列になってしまって、だいぶ待っていただいたようでご迷惑おかけしました。
この日も数々のミニドラマが起こり、信じられないくらい濃厚な1日となりました。かなり心して気をつけていたのですが、昼間のかなり早い段階で、うっかり動揺してしまい、しとしと雨とともに涙腺ゆるみっぱなしの私達.....
みんながニコニコして来てくれると気持ちラクなんだけど、うるうる目のお姉さんとか寂しそうな顔の子どもを見ると完全にもらい泣きでしたねぇ。

何の涙か考えると、終わるのが悲しいとか寂しいからというのではありませんでした。それよりも、「やって良かったな~」「少しは役に立てたんだな~」という気持ちが大きく、予想以上にみんなに思われていたことに対する感激の涙。たくさんの「プレゼント」と「期待」の気持ちに、改めて思い考えることになりました。

「さぁ、今日は誰が来るかなぁ?」
「う~ん、みんな来ちゃうね~。」
こんなフウに始まって、トップバッターはヒデカちゃんのお母さんでした。一度お会いしたいなぁ~と思っていたので、最後に会えて本当に良かった。わざわざありがとうございまいした。ヒデカちゃんたちは、いつも学校帰りに挨拶に顔出してくれて、私達にとっては楽しいひとときだったんですよ。毎日のお勉強の合間にクレープのメニューちらしを眺めて、お勉強の励みにしていたと聞いて、嬉しい想いでした。心も体もどんどん成長していく様子を垣間見れて本当に良かったです。
そして当の本人たち。ヒデカちゃんとチユキちゃんが声をそろえて、「せぇ~の!なんでやめちゃうの~?」って。ドキリ。うーん、ひとことで説明するのは難しいねぇ。
f0045586_15574572.jpg

これは2人にもらったお手製のチョコとキャラメル。「まめしば」というキャラクターが描いてあって可愛い!もったいなくて、でも美味しくてぺロリと食べちゃった。お手紙もありがとうね。
f0045586_1611665.jpg


それから、今の2人の同級生のナミちゃん。「今日で最後なんでしょう?」って、初めてナミちゃんから自発的に話し掛けてくれたんです。驚いた。嬉しかった。いつも顔出すけど本当に大人しくて。今日はとっても寂しそうな表情。下校時に買い食いは禁止だし、ナミちゃんちは遠いしね、食べるチャンスはなかったんです。でも3日前には、ナミちゃんが粘土とビーズで作ったクレープのマスコットと手紙とチョコをくれたんです。手紙には「最後なのに、クレープを買いに行けなくてごめんなさい」って。こんな小さな胸でそんなことを思っていたなんて.....!!
f0045586_16122286.jpg

そしてこの最後の晩に、ナミちゃんのお母さんが内緒で買いにきてくれました。最初で最後のクレープ。いい笑顔が見れたかなぁ~?
f0045586_16125791.jpg


ナミちゃんお手製のマスコット。よくできてるでしょう?センスあるなぁ~♪その気持ちが本当に嬉しくて、どうしようかと思いました。
(これを作っている様子を見て、お母さんは初めて知ったんですって。下校時にクレープ屋さんに寄っていたことを。ナミちゃんは胸に秘めるタイプみたいです。)


それから、3駅を股にかけて来てくれていた「東京友禅」の染色師のお姉さん。いつもたくさんありがとうございました。

ずーっと、「バターシュガー」を食べ続けてくれていた中学生の女の子。1日に何個も食べに来てくれてありがとうね。

1人で六本木の学校まで通っていた小1のマイちゃん。最後に初めて聞いたのだけど、「給食を食べ切れたら」という約束でクレープを買いに来てたんだね。がんばってたんだねぇ。えらいえらい。お母さんの「また会えるよ」と言い聞かせているのが聞こえて、さすがだなぁ~お母さん。なにかを知ってらっしゃるなと感じました。

そして、ふぐ屋さんにお勤めのお姉さん。ずーっと来続けていただいて、今日は可愛いお花をいただいて、本当に今までありがとうございました。嬉しかったです。

いつもハンチングに自転車で乗り付ける不器用なお兄さん。今日はじめて、はじめて目が合って、その真っ直ぐな瞳で全てを語り、去っていかれました。4年間ありがとうございました。

いつも下校時に顔出す中学生男子。「とうとう最後ですねぇ~。」って。楽しませてもらいました。

そして小6のアヤちゃんとハッチ。アヤちゃんは以前、フェルトでクレープのマスコットを作ってくれた女の子で、今日は「お手紙」をくれました。今読んだら号泣必死だなと思いつつ....今までどうもありがとう。すっかり大きくなって。中学でもハッチとソフトボールがんばってね♪

それから、ハルナちゃんのママ。こないだハルナちゃんに会えて良かった。ハルナちゃんは、とっても優しくて思いやりがあって、可愛い子なんです。きっとまた会えるね。

そして、小6のエリちゃん。長いこと来続けてくれたね。今日はお花をありがとう。そして中学受験お疲れ様。で、何処に決めたの?「さぁ~?お母さんが適当に決めるんで。」って、相変わらず興味ないんだから。

スイミング帰りの小学生姉妹。こないだ妹だけ来たので、「おしまいだから、お姉ちゃんにも言っておいてね。」と話したら、コクンとうなずいていました。ちゃんと伝えてくれたみたい、えらいえらい。かわいいなぁ~。

そして、小2のミーちゃん。面倒見がよくて、優しくて、カベがなくて本当にいい子。今日は弟のユッキーのぶんもね。列に並んで、知らない大人や子どもに話し掛けてクレープの説明をしている様子が最高に癒されました。お昼頃にミーちゃんのママが来たんだよ。「ミーちゃんの妹のバースデー用にいちばん可愛いクレープを1つ。」って。いつまでも、みんなで仲良くね。

そして、保育園のヒロキ君。ここのところ足繁く通ってくれてありがとう。いつも渋好みのクレープで驚いていました。将来が楽しみな逸材です。

4年生の頃は、品切ればっかりで食べれないことが多かった笑顔の可愛いヒーちゃん。やっと中学受験が終わりましたね。お疲れ様。今日は花束ありがとう。こないだは手づくりチョコもありがとう。お返しのタイミングを完全に逃してしまい、後悔しています。中学でもソフトボールがんばるのよ~☆
f0045586_17144515.jpg
さすが6年生。完成度が高く、美味しいチョコでした。

そして、どこへでも駆けつけてくれるリコちゃんとこのパパが。リコちゃんからのお手紙と、桃と菜の花、どうもありがとう。長いことありがとうございました。

それから、保育園のフウちゃんとパパが。ママが撮ったフウちゃんの写真とフウちゃんが書いたお手紙をいただきました。写真は嬉しいですねぇ~!撮りたくてもなかなかタイミングがないので。ありがとうございます。めちゃくちゃオシャベリで無邪気すぎるフウちゃんとのひととき、楽しかったです。

そうそう。3日前にもシュン君とルナちゃんのママから、写真をいただきました。すごく嬉しいです。どうもありがとうございます。

毎回6個くらい買っていくカズキくんち。ながーいことありがとうございました。

それから、イチゴジャム好きの女子高生ちゃん。いつもいつもありがとうね。

「チョコ&バナナ」を食べ続けてくれていたお姉さん。お友達もいっぱい連れてきてくれて、4年ちょっとありがとうございました。いつまでもお元気で。

そして江古田駅からは、今日は2人いらしてくださいました。
1人は「Jack」好きのお姉さん。いつもいつもありがとうございました。
もう1人は、「Kim」好きの女子中学生ナオちゃん。ありがとうね。
先週も江古田駅から、さりげなくお姉さんが来ていました。かなり来づらいはずなんですけど、わざわざみんなありがとう!

そしてそして、3人分キッチリ買って帰らないと、「血で血を洗う争いになる。」というお父さん。いつもいつもキッチリ3人分ありがとうございました。3人様にどうぞよろしく。

開店前に偶然会えたルコちゃんのママ!最後に会えて良かったです。あとでお姉ちゃんが買いに来てくれました。

それから、バナナとイチゴを買出しに行ってくれたミカちゃん。ありがとね~。

コールセンターにお勤めのお兄さん。とても純粋な方で、毎晩癒されていました。いつまでもそのままでいてくださいね。

当初から通い続けてくれていた上石神井勤務の薬剤師のお姉さん。本当に長いことありがとうございました♪

今日は石鹸のプレゼントをくれた、これまた薬剤師のお姉さんも、いつも途中下車で来てくれて本当にありがとうございました。

そして、今日は一番遠いところから来てくれた、ミノリちゃんご一家。たっくさん食べていってくれて、崎陽軒のシューマイまでいただいてしまって、本当にありがとう。可愛すぎる妹のユウリちゃんも新しい家族の一員になってホントに幸せそう♪良かった良かった。

ショーン君とカナちゃんも長いことありがとう。仕事が変わったり引っ越したり、色々あったけど、楽しかったよ。今日は可愛い鉢植えをありがとう。

それと、着物のとっても似合う美人のお姉さん。今日は、桃と菜の花をありがとう。とっても嬉しかったです。

それから、小学校の修学旅行の帰りに駆けつけてくれた、マーちゃん。4年間、学校帰りに通い続けてくれてありがとう。ほんとに大きくなったねぇ。今日はもう会えないかと思ったけど、帰りが遅かったのね。よかったぁ、会えて。

「Wild cat」好きのお姉さん。私達にとっては、通称「品切れさん」。今夜は間に合って良かったー!!ホッとしました。

それと、今日は、昼と夜と2回来ちゃった、小2のタックン。ほしのあき似で可愛いんですよ。今日はハッキリと「チョコバナナクリーム」って言えたね。がんばったね。「今日はスペシャルだー!」ってずっと言ってました。良かったよかった。4年間ありがとう。大きくなったねぇ~。

こちらも昼と夜と2回来ちゃった、「Caroline」好きのお兄さん。アニメの「ハガレン」の第58話を作っているんだって。夜もクレープ食べようって決めて、1日のお仕事がんばっちゃたらしいです。いつもありがとうございました。


こうやって、23時まで、思う存分クレープ焼きました。225人分!!す、すごいよ。思いっきり準備していってヨカッタ☆
品切れにならなくて本当によかった。食べさせたい人には出せたと思います。ある意味、雨でよかったです。これがもし、いい天気だったら...と思うとぞっとします。絶対に足りていなかった...

今日はたくさんのお客さんに来ていただけて嬉しい♪そして、なんだかプレゼントいっぱいで嬉しい♪
先週あたりから、チョコ、蜂蜜、パンなど頂き物があったんだけど今日はすごいすごい。お花いっぱい。お手紙や手づくりのチョコやケーキ。ほかにもたくさん。玄米なんかも...
f0045586_2140282.jpg

(右上の絵は、お隣の画家のキョウコ先生がイメージして描いてくれました♪ありがとう!)
f0045586_21411138.jpg

f0045586_21414470.jpg

でもでも、こんなにいただいてばっかりでいいのでしょうか?卒業式さながら。ただのクレープ屋なんですけどー!?
ほんとにみんなありがとう....
f0045586_22425726.jpg

これは、モモちゃんという小学生の女の子から。お手紙付きでどうもありがとう!手紙の内容はお母さんにも見せてくれなかったんだって。黄色いバラはお小遣いで買ったんだって。じ~ん。

こうやって、今いろいろ振り返ってみると、私達とお客さんのあいだには、不思議な共感性があったなぁ~と感じます。それは大人も子どもも関係なく。何かフツーのお店ではないような気がします。
なんだろうな~この感じ。
このあいだふと気づいたのは、お客さんは私たちのことをかなり「信頼して食べてくれていた」んだなぁ、いうことです。と同時に、私達も来つづけてくれるお客さんのことを相当「信頼していた」んだということにも気づきました。
ほとんど無意識ですが、「あ、絶対分かる。分かってくれる。」「また来てくれる」「さすが。いいの選ぶなぁ~」って安心して見守ってきたようなところがありました。そしてもっと美味しいのを提供したい!って、とても良いプレッシャーを与えられながら、ここまでやってきたんだなぁと、しみじみ実感しています。

それと、もう1つは子供達。来てくれる子供達をとおして、そのお母さんお父さん達とも、何か共感し合えるものがあったように感じました。まぁ、いつも「かわいい、かわいい。ほんとにいい子♪」って、可愛がるしかしてませんけれど、「だいぶ大きくなったよなぁ~。」とか「しっかりしてきたなぁ。」って、その子の成長を想うだけで胸がいっぱい。
勝手ですけど、お母さん達の子育てに、ちょっとだけ参加させてもらったような気分でした。

単純に、「バスでクレープを焼くお店」って、つもりだったんですけど、まったく想像もしていなかった展開をみせておしまいを迎えることになりました。こんな想いになるなんて、こんなお客さんたちが来てくれるなんて、ぜんぜん知らなかった。
4年と5ヶ月。長いような短いような時間。あっというまでした。
毎日毎日転がるようにしてここまできました。
たくさんの人と出会えて、毎日楽しかったなぁ。
たとえへコむようなことがあっても、必ず誰かがニコニコでやってくるから、ホントに救われたなぁ~。

f0045586_22474525.jpg

Cindy'sのことは、私達2人の宝物です。この大切な宝物を胸に...またいつかみんなに会えるように...少しずつだけどがんばっていきます。
いままで、どうもありがとうございました!

あと1つ、もっと早く書いておけばおけばよかった!と思う事があります。
宝つながりですが、どうやらうちのクレープ「子宝クレープ」だったみたいなんです。身に覚えのあるお母さんたち、いーっぱいいるはずです!この4年5ヶ月で何人かなぁ?20人は思い浮かびますね。すごいでしょう?あとはうちにも可愛い宝がきてくれるといいなぁ...

それとバス。雨の日も雪の日も頑張って走ってくれた。調子が悪くてどうしても動けない事もあったけど、この4年ちょっと私達と共に毎日頑張ってくれたんだよね。「もう売る」「売っちゃいますねー」なんて言ってみたけど、いざとなるとやっぱり...
最後にお掃除して、ペイントをはがして、ボディもピカピカにしながらブツブツ独り言。「ありがとねー。がんばったもんねー。綺麗にしないとねー。」って。うーん、けっこう辛いかも!
f0045586_22485516.jpg

f0045586_22494381.jpg


いろいろ思い返すだけで、うるうるしちゃうけど...まぁここまでやれてヨカッタです。楽しい思い出をありがとう。思い出だけじゃなく、本当にいい経験でした。ひとつのお店として、これ以上のことって無いと思います。すごいことだった、と思っています。

きっとまた会えるので、それまでみんな元気でいてください!
それでは、また会う日まで.....

Cindy's より 感謝をこめて☆  おしまいおしまい。
[PR]
by cindys | 2010-03-14 21:34 | Cindy's新着情報
<< その後.... いよいよ >>